水圧不足によるつまり


トイレのつまりを解消するにあたって、便器やトイレのタンクなどを点検しても問題が見つからない場合があります。原因不明のトイレのつまりは非常に厄介です。そこには現代のエコ文化の意外な落とし穴が存在していました。

ペットボトルそれは今流行りの節水行為です。トイレのタンクの中にペットボトルを入れて水量をカサ増ししたり、大で流すべきところを小で流したり、環境とお財布に優しいイメージの節水行為によってトイレがつまるとは、まさか想像がつきません。

そもそもトイレは、正常な状態で適切に使われることを前提に設計してあります。そして、日本の下水管は地震に強く作られているためV勾配や逆勾配になっているケースがあります。そこに尿石などの経年変化が加わると配管自体の幅が狭くなり、通常の勢いであれば流れるような下水でも、水流が足りないため溢れてしまうというケースが発生してしまうわけです。それに加えて、近年のトイレは元々節水仕様になっているものも多いです。そこに前述した節水行為を行ってしまえばトイレのつまるリスクが高まってしまうのも無理はありません。

普段の生活において節水を心がけるのは、とても立派なことです。しかし、過度な節水がトイレのつまりに繋がる危険性があるということも頭に入れておきましょう。