Latest Posts

異物によるつまり


トイレトイレがつまったときに真っ先に思いつくものが、異物によるつまりかと思います。しかし、トイレに流れるもので、一体何がどのようにつまるのか、詳しく知っている人は少ないです。トイレにつまる異物と、その対処法はどのようなものがあるのでしょうか。

トイレのつまる1番の原因は、大量のトイレットペーパーです。もちろん、排泄物以外の異物を流すこともつまりに直結します。要するに、便器や配管を設計した人の想定を超えた量、または使い方をした場合につまりが発生しやすいと言えます。

トイレットペーパーは水に溶けやすく作られていますが、一度に大量に流すことによってトイレのつまりを誘発します。もしも自分のトイレがつまりやすいと思う人がいたらトイレットペーパーの使用量を確認してみるとよいかもしれません。また、異物によるトイレのつまりですが、カップラーメンのスープ、猫砂、吐瀉物もトイレのつまりを引き起こす可能性があります。意外に思われる方や、知らずに流していた人もいるかもしれません。

普段何気なく使っているトイレですが、あまりに日常的に使い過ぎていて、自分の使い方が誤っていることすら気付かないことも少なくありません。排泄物だけを流すものがトイレの正しい使い方であるという認識が、非常に重要です。

水圧不足によるつまり


トイレのつまりを解消するにあたって、便器やトイレのタンクなどを点検しても問題が見つからない場合があります。原因不明のトイレのつまりは非常に厄介です。そこには現代のエコ文化の意外な落とし穴が存在していました。

ペットボトルそれは今流行りの節水行為です。トイレのタンクの中にペットボトルを入れて水量をカサ増ししたり、大で流すべきところを小で流したり、環境とお財布に優しいイメージの節水行為によってトイレがつまるとは、まさか想像がつきません。

そもそもトイレは、正常な状態で適切に使われることを前提に設計してあります。そして、日本の下水管は地震に強く作られているためV勾配や逆勾配になっているケースがあります。そこに尿石などの経年変化が加わると配管自体の幅が狭くなり、通常の勢いであれば流れるような下水でも、水流が足りないため溢れてしまうというケースが発生してしまうわけです。それに加えて、近年のトイレは元々節水仕様になっているものも多いです。そこに前述した節水行為を行ってしまえばトイレのつまるリスクが高まってしまうのも無理はありません。

普段の生活において節水を心がけるのは、とても立派なことです。しかし、過度な節水がトイレのつまりに繋がる危険性があるということも頭に入れておきましょう。

トイレのつまる前兆


日常生活の中で何回も使用するトイレ。それだけに普段と違う異変には気付きにくいという一面もあると思います。しかし、ここにトイレのつまる前兆が隠されているのです。いつも何気なく使うときに少し気をつけるだけでトイレのつまりを未然に防ぐことが出来るかもしれません

まず、トイレの水位が上がるか確認してください。次に流れの悪さ水の勢い水量もチェックしておくと良いでしょう。また、水を流す際にいつもと違う音がしないか。ここにも注目してください。深刻な問題が隠されている場合があります。

トイレの水位の上昇は排水路のつまりや下水管のつまりが原因である可能性があります。水流の勢いなどが悪いときにはトイレのタンクに何かしらの不具合が生じていることが多いです。部品が壊れていて水の通り道を塞いでいる場合や、ひっかかっている場合があるのでタンクを開けて確認してみましょう。水を流した際の異音は、業者を早急に呼ばなければならないほどのトラブルが発生しているかもしれません。大事に至る前に業者を呼んで対応してもらいましょう。

どれもこれも些細なことだと見過ごしがちなサインではありますが、ここに気付くことが出来ればトイレのつまりによる災難を回避することが出来ます。トイレのつまる前兆には十分気をつけることが大切です。

トイレのつまりを知る


「もしも自分の家のトイレがつまったら」そんなことを考えて生活している人は少ないと思いますが、毎日使っているトイレなだけに、それが現実に起こらないとは言えないのが実状です。トイレのつまりについて知ることでトラブルを未然に防ぐことができます。

カップラーメンまず、そのトイレのつまりの前兆に気付くことが大切です。水位の上昇や水流水圧の低下、そして水を流した際に異音がしないかを必ず確認してください。もしかしたら配管や便器、トイレのタンクに何かしらの異常が起きている可能性があります。そして、異物によるトイレのつまりの原因についても把握しておきましょう。最も便器の中に流しているものであるトイレットペーパーはもちろんのこと、意外なところでは猫砂、吐瀉物、カップラーメンの残り汁などもトイレのつまりの原因になります。また、意外な原因といえば節水による水流不足によるトイレのつまりも見逃せません。トイレのタンクの中にペットボトルを入れて水量を調整する行為や、常に小を使って用便を流すことで水流が低下して、流れるべき排泄物が流れていかないというケースが発生してしまいます。

ちょっとした使い方の間違いで起こってしまうトイレのつまり。しかし、逆を言えば、適切な使い方で使用をすれば、そのリスクは回避できるとも言えます。正しいトイレのつまりについての知識を身に付ければ、面倒なトイレのつまりも怖くはありません。このページはその為のお手伝いが出来る記事になっています。是非ともお役立てください。